Star Product Limited

製品情報

オペ室・ICU関連

  • HOME
  • >
  • 製品情報
  • >
  • オペ室・ICU関連
  • >
  • タニケット アクセサリ タニケット カフ

タニケット アクセサリ
タニケット カフ

カタログダウンロード

主に整形外科・形成外科の手術時に使用されるタニケット カフ(止血用カフ)は、術野上に巻く必要がないため、術野にアルコールなどで拭く程度で、カフ自体の滅菌まではあまり行われておりませんでした。 しかし、この10年間でスポーツ整形外科の関節治療・手術現場 (例えば、肘・上腕・小児の手術など術野の狭い部位の手術)において、清潔野を確保する意識が高まり、E.O.G. (Ethylene Oxide Gas, 酸化エチレンガス)滅菌をカフに施すようになっていました。反面、EOGガス滅菌では発がん性物質を含むガスが放出され、加えて、エアーレーションなど滅菌処理時間が15時間以上必要となるため、各医療施設においては、EOGガス滅菌を行う品目を減らす動向にあります。 オートクレーブ(高圧蒸気)滅菌は、有毒なガスを放出せず、また、滅菌処理時間は30分程度で緊急時の手術にも対応出来る優れた滅菌法といえます。現在、オートクレーブ滅菌が可能なタニケットカフを採用していただく施設が増加しております。

タニケット カフ (オートクレーブ対応タイプ/ 標準(fabric)タイプ)

オートクレーブ対応カフの主な特徴
  • オートクレーブ滅菌処理時に、人体に有害なガスを放出しません。
  • オートクレーブ滅菌処理時間が、30分程度の処理も可能なため、緊急時の手術にも対応可能です。
  • カフ帯とゴム嚢を分離せずに、一緒にオートクレーブ滅菌ができます。
  • カフ帯とゴム嚢を分離して、別々に洗浄・オートクレーブ滅菌もできます。
  • 豊富なカフサイズ(23サイズ)
    ・シングルタイプは(乳児用からコニカル 成人下肢用特大まで)8種類、特に成人下腿用及び成人下肢用はコニカルの形状で患者様の体型に適用できるように設計されております。
    ・ダブルタイプは小児用から成人下肢用大まで5種類あり、標準タイプ(fabric)も小児用から成人下肢用大までシングル・ダブル同様に5種類ずつご用意しております。
  • カフにチューブ(約85cm)がゴム嚢に直結しているため、延長チューブを滅菌する必要がありません。
  • CPCコネクタを有しているため、市場のほとんどのタニケットに接続できます。但し、一部の機種には変換アダプターチューブが必要となります。
  • 充実したアクセサリー
    ・オートクレーブ滅菌可能な延長チューブ
    ・洗浄時にコネクタからチューブ・ゴム嚢内に水の浸入を防止する専用プラグ
    ・オートクレーブ対応シングルカフ専用の交換用カフ帯
使用範囲
  • 整形外科手術(下肢)
  • 糖尿病性壊疽に対する外科治療
    ※糖尿病性閉塞性動脈硬化症患者への大腿動脈バイパス手術
    ※糖尿病患者の下肢動脈(末梢)をクランプによる止血で血管損傷を避けるために、滅菌されたカフにて止血する。(クランプで視野が狭くなることもない。)
  • IVRA静脈内局所麻酔(Bier's Block)
    (IVRA;Intravenous Regional Anesthesia)
    鬱血した四肢(特に上肢)の静脈内に低濃度の局所麻酔薬を注入して1~2時間の無痛を得る。
製品ラインナップ

オートクレーブ滅菌対応タイプで、シングル8種類のサイズ、ダブル3種類のサイズと標準(fabric)タイプで、シングル及びダブルにて各5種類のサイズ、合わせて合計21種類のサイズのカフを標準ラインアップしています。

VBMタニケット(VBM8000,VBM9000,TT20)対応 純正カフ

(CPCコネクタ―を装着した他社タニケット・延長チューブにも接続可能です)